在校生の声_006

The Voice of Students 006
イギリスへの憧れが語学力向上の意欲に繋がっています。
 

東田 留奈 さん

国際科 2年

 

国際科の授業
好きなプログラムのひとつに「英会話」があります。フィリピンの方とマンツーマンでオンライン英会話を行います。初めて授業を受けたときは緊張で心臓がずっとドキドキしていました。文章にならなかったり間違えていたりしても、相手の方がくみ取ってくださるので、気持ちも楽になり英語で会話をすることに随分慣れてきました。沈黙にならないよう意識して、自分の持てる英語力を出し切るようにしています。1対1でのコミュニケーションをスムーズにできるよう、普段からネイティブの先生に話しかけたりして前向きに取り組んでいます。

 

グループでのアクティブラーニング
中学生の頃から海外の学校へ進学することに興味を持っていました。少人数であることに加え、海外実習や海外の大学と提携していることが魅力的で神戸国際大学附属高等学校の国際科を選択しました。国際科では様々な教科でグループ学習が取り入れられています。グループ学習なら、先生が傍まで来て教えてくださるので分からないこともすぐに解消できます。グループ内でも活発な意見交換ができるので、中学生の頃より積極的になったと感じています。例えば、家庭基礎の授業ではマレーシアの学生とオンライン文化交流を予定しています。2人1組で日本の食べ物を紹介する準備を進めており、茶わん蒸しを上手く紹介できるよう試行錯誤している最中です。また、ファシリテーション基礎の授業では、体験会に向けて企画を練っています。参加する中学生と一緒に英語を使ったゲームをして参加者みんなが楽しめるよう考えています。

 

オールイングリッシュの語学実習
1年生の時には山梨県での英語語学実習に参加しました。発音やスピーチ、ディスカッションなど、宿泊する部屋以外ではオールイングリッシュでしたが、レベルに合わせて授業を受けることができたので楽しく3泊4日を過ごすことができました。

 

憧れの海外
英語は中学の頃から得意なわけではありません。でも、いつもお世話になっているネイティブの先生から、先生の地元イギリスのお話を聞いたり、映像を見せていただいたりすると、そこに身を置いてみたいと憧れる気持ちが込み上げ、語学力向上への意欲がわいてきます。記憶定着アプリなどのタブレット学習で単語や文章の力をつけるなど、地道な取り組みにより夢を実現させたいと思っています。

 

 


≪ 普通科 国際科 ≫