普通科

文理特進コース

実力を基礎から積み上げ、大学進学を目指します。

クラス内に難関大コースと高大連携コースが存在しているため、異なったコースの生徒たちが互いにそれぞれの目標、目的、価値観を分かち合うことができます。そのことが互いの刺激となり自分の進路実現などに向けても確実に相乗効果を発揮します。

  • POINT1

    学習支援第一主義

    手厚いケアにより、入学時の能力を卒業までに大きく伸ばすことを目標にしています。

    • 希望者への放課後の個別指導。
    • 長期休業中を利用した大学受験希望者対象の補講授業。
    • 数十年の受験指導実績をもつ教員による、受験を熟知した個別指導。
  • POINT2

    主体的・対話的な学び

    学びの定着には「人に教える」、「実際に問題を解く」などのアウトプットが必要不可欠です。主体的・対話的な深い学びを軸としたアウトプットの機会が多い授業により、確かな学力の定着を図ります。

  • POINT3

    語学教育の重視

    授業や放課後講習の中で、一人ひとりに対応したプログラムを実施し、英語力を最大限に伸ばします。目標は全員の英検2級以上の合格。また、2年次の海外語学研修では、現地の提携校との交流などにより、実践的な英語力の習得を目指します。

難関大コース

大学入学共通テストに対応し、国公立・関関同立・産近甲龍・関東の立教大などの難関大への進学を目指します。

  • 徹底した個別指導

    希望者には教科担当が手厚くサポートしています。生徒一人ひとりに応じた指導で苦手の克服や実力アップなどを図ります。職員室前には熱心に指導を受ける生徒の姿があります。
  • 英検対策

    実用英語技能検定2級取得を目指しています。英検を取得していると、大学の入学試験の合格判定で優先されたり、海外に留学する際などに優遇特別措置として適用されたり、様々なメリットがあります。
  • 模試受験料の補助あり

    年2・3回の模擬試験をうけるにあたり、受験料を一部補助しています。

高大連携国際大リハコース

大学教員による特別授業や大学単位先取り授業など、神戸国際大学 リハビリテーション学部と連携し進学を目指します。
理学療法士の国家試験合格に向けて、数学・理科の基礎力定着を図ります。

PT(理学療法士)とは?

怪我や病気、加齢などにより身体に障害を負った患者様に対し、身体機能の回復をはかるための訓練や指導を行います。PT(Physical Therapist)と呼ばれます。

高大連携

附属特別推薦入試(A)での入学者は

入学金全額免除
(30万円)
奨学金減免
(12万円)

※大学2年次以降は成績により増減あり

神戸国際大学 リハビリテーション学部

Teacher’s Voice 〜主な教科の指導方針〜

英語

グループワークを通して発信力を身につけます。

授業は生徒と教員が共に成長できる場と考えています。従って、教員による一方的な講義型授業は必要最小限とし、生徒の英語力アップを全力でサポートしながら、思いやり・思考力・協同力・表現力及び自己肯定感をグループワーク等を通して育んでいきます。更には、ネイティブスピーカーとの交流で自分の考え及び研究課題を英語で発信できるように、生徒と教員が一緒になって授業を創り上げていきます。

木戸 隆先生 (英語科)

在校生の声 Voice of Students

実力に合った課題で苦手な英語を克服。
自分のペースで英検2級に挑戦中。

山田 ももかさん
(3年生)

卒業生の声

  • 立教大学 現代心理学部 心理学科1年

    理容師になりたかった私が
    まさか立教大学で心理学を学ぶことになるなんて…
    山田 なつみさん
    【普通科】 文理特進コース 難関大コース(2021年度卒業)
    詳しく読む
  • 都留文科大学 教養学部 2年

    高校時代から今なお自身の研究テーマである
    ジェンダーについて研究・発信し続ける。
    髙橋 諒さん
    【普通科】 文理特進コース 難関大コース(2020年度卒業)
    詳しく読む